センター紹介Center Introduction

HOME > 集落活動センターうらのうち:センター紹介

須崎市浦ノ内


集落活動センターうらのうち

浦ノ内公民館(浦ノ内市民交流会館)  須崎市東分168-32

切畑、馬路、谷、刈谷、山崎、菅、中ノ谷、北浦、土取、大星、長万、清水、天神、大島、中平、戸波浦、横浪、鳴無、坂内、摺木、立目、出見、塩間、深浦、灰方、埋立、下中山、今川内、浦場、福良、池ノ浦、須ノ浦

浦ノ内地区地域自主組織

  • 2,844人
  • 33.8%
  • 1,524世帯
  • 令和元年5月

地域の現状と課題

浦ノ内地区では、「須崎市海洋スポーツパーク構想」によりマリンスポーツによる地域活性化に力を入れておりますが、地区周辺に飲食施設がありません。また、須崎市において捕獲されている年間1,600頭以上のイノシシの内約1,000頭が浦ノ内地区で捕獲されており、須崎市鳥獣被害対策の大きな柱となっています。イノシシ肉は自家消費のほかは活用されず廃棄され、また狩猟者も高齢化し新規狩猟者の減少もあり、狩猟者の確保も課題となっています。他の地区同様に少子・過疎・高齢化が進んでおり、高齢者の居場所作り、世代間交流、移動手段の確保等、様々な課題を持っており、湾をもつ地形上、南岸は交通手段が限られ過疎化が進行しています。

これからの地域

平成29年度から地域住民で組織する地域自主組織が浦ノ内公民館の運営を始めました。住民主体の取り組みを進める中で、弁当事業、ジビエ事業、あったかふれあいセンター事業を新たに加えて「集落活動センターうらのうち」として地域の課題の克服を目指して経済活動等を行い、地域へお金の落ちる仕組み、安心・安全の地域づくりを進めています。令和元年度には獣肉処理施設を整備予定です。

.

.